赤ちゃんの成長、発育

「夜驚症」の原因と対策|夜中に子供が突然泣き叫んだら

子供が泣くだけではなく、急に叫びだしたら、パパとママはビックリしてしまいますよね。
初めての子供だと「うちの子は病気なんじゃないか?」と不安になってしまう方は多いです。
もしそういった症状が見られたら、「夜驚症」かも。

夜泣きで悩んでいる方は、目にしたことがあるかもしれませんが、この夜驚症とはどのようなもので、何が原因で起こってしまうのでしょう?
症状と原因、そして対策もご紹介します。

スポンサーリンク

夜中にとつぜん目を覚まして、激しい恐怖感とともに泣いたり叫んだりするのが夜驚症です。
小学校入学前から小学校低学年の児童(3歳~7歳の子ども)みられることが多い睡眠障害で、普通の夜泣きよりも若干ヒステリックな症状がみられます。

夜驚がくり返し発生するのは子供の5%くらい。
少し珍しい症状ですが、対策方法もきちんとありますから、安心してくださいね。

夜驚症がおこる原因には、脳の機能が発達途中であることに一端があると考えられています。
とくに乳児期は脳の発達がめざましく、日々の何気無い経験が全て刺激となってインプットされます。

中でも「恐怖」は脳の中でも強烈にインプットされる感情です。
それが夜驚症と関係していると言われています。

そんな夜驚症の対策としては、恐怖を感じているものを克服させること。
例えば、雷が強い子供には「雷は自然現象で心配ないよ」ときちんと説明してあげれば、子供も納得でき安心。
それで夜驚症が治ったという事例もあります。

どうしても夜驚症が治らない場合は、小児科や小児神経科などを受診して、相談してみてください。
また市販の漢方薬でも、リラックスできる作用の薬もあるようです。
薬局で薬剤師さんに相談してみると、いろいろと教えてくれますよ。

スポンサーリンク

-赤ちゃんの成長、発育

Copyright© 子どもーニング【20代30代の女性向け】 , 2020 All Rights Reserved.