家事

共働きで掃除できない。いつするの?掃除のタイミングと頻度、コツ

いくら共働きで忙しくても、掃除をしないと家の中はどんどんと汚れていきます。
大人が普通に生活をしていても、家にいる時間が少なくても、ホコリやゴミは溜まっていくのです。

とはいえ共働き。
どちらも忙しく、家に帰ってきてからヘトヘトな中、掃除をするのはたいへんですよね。
それに掃除は家事の中でも負担が大きいものだし。

そこで、共働きで掃除ができないという家庭に、おすすめの掃除のタイミングや頻度、コツを紹ご介しますので、参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

共働き、掃除はいつするのがベスト?

専業主婦であれば、平日の昼間に掃除をすることが可能です。
でも日中働いているお母さんは、そうはいきませんよね。
だからと言って、夜帰ってきて、すぐに掃除を始めるのもかなり無理のあることです。

夜から掃除機をかけて、そこからご飯やお風呂の準備となると、かなりの重労働になってしまいます。
では一体いつ掃除をすればよいのでしょうか?

理想は平日に「気になるところだけ少しずつ」やるのがおすすめです。
毎日生活していると、どうしても少しずつ汚れが出てきます。
それを汚れが浅いうちに拭き取るなり、ゴミを取るなりしておけば、掃除自体が楽になるのです。

例えば、

トイレは使った後にさっと拭いておく
階段では、ハンディモップを手に持ち、拭きながら上り下りする
床掃除はクイックルワイパーやコロコロのみ、平日にする

など、目に見えるところは綺麗でいられます。
細かい場所や時間がかかるところは、休日にまとめて掃除をすると良いでしょう。

共働き、どれくらいの頻度で掃除をすれば良いの?

毎日掃除をするとなると、かなりしんどいです。
そして「掃除をしなければ」と義務感があると、肉体的だけではなく、精神的な負担にもなります。

だから、先ほど紹介したように、毎日一箇所だけでも綺麗にする習慣をつけておくと、かなり掃除が楽です。
習慣にしてしまえば、毎日掃除をするのが苦痛ではなくなります。
年末の大掃除の時にも楽できますから。

全く掃除をしない日があっても、普段掃除をちょっとずつしておけば、あまり汚れが目立ちません。
次回の掃除時間短縮につながります。

理想はこのように毎日掃除をすることです。
でも仕事、育児、家事と余裕が全くないママは、休日にまとめて掃除に時間をかけるのも方法。
旦那さんにも手伝ってもらいましょう。

共働きで生活スタイルのさまざまなので、家庭によってやりやすい方を選べばいいのです。
特に掃除機は、休日にざっとかけてしまった方が効率的な場合もあります。

共働き、楽に掃除をするコツは?

掃除は出来るだけ簡単に、時間をかけずに行いたいものですよね。
もちろん掃除が好きな方は、掃除自体は苦にならないでしょう。
でも掃除が嫌いな人にとっては、掃除という家事をすること自体がストレスになる場合があります。
そんな掃除嫌いの方は、まず掃除よりも「片付け」を優先して行うようにしましょう。

まず掃除よりも「片付け」から

「これはここにある物」とあるべき所定の場所を決めてしまうことで、きちんと収納することができます。
あるべき場所に戻すことを習慣化すれば、かなり掃除もしやすいです。

例えば床掃除する時、床に物が散らかっていたら掃除がしにくいですよね。
でも床がすっきりしていて、掃除機をかけやすい状態だと、掃除の時間も短縮できます。
それに汚れている場所も一目瞭然。

片付けても片付けても、子供のおもちゃが散らかってしまう場合は、子供にも片付けの習慣を身につけるようにしましょう。

まとめ

共働きだと、掃除すること自体がストレスになってしまう場合があります。
でも大丈夫。
工夫次第で掃除を簡単に楽にすることは可能です。
時間をかけず、楽に掃除ができる方法を普段から考えてみてくださいね。

スポンサーリンク

-家事

Copyright© 子どもーニング【20代30代の女性向け】 , 2020 All Rights Reserved.