食べ物

保育園の七夕で喜ばれるおやつと献立はコレのわくわく給食レシピ

七夕は織姫と彦星が出会う、年に1度の特別な日です。
保育園では七夕にちなんだイベントをすることが多いのですが、中でも園児達が楽しみにしているのが「おやつ」と「給食」。

そこで保育園の七夕で喜ばれるおやつと、わくわく給食レシピをご紹介します。
参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

保育園の七夕にはスペシャルなおやつを

園児達が給食と同じように楽しみにしているのが「おやつ」。
七夕にはいつもと違う、特別なおやつが出ることもあります。
だから毎年、七夕のおやつを楽しみにしている園児は多いです。

七夕ゼリー

人気の七夕おやつは「七夕ゼリー」。
ゼリーの中に、星型に切った色とりどりのフルーツを入れます。
フルーツは光の反射でキラキラしますから、食べるのがもったいないくらいで、園児達には大人気のおやつなんです。

この七夕ゼリーは、お家でも簡単に作ることができますよ。
フルーツを星型に切るだけ。
それだで七夕感満載です。
ぜひ家庭でも試してみてくださいね。

保育園の七夕といえば、こんな献立

保育園の七夕給食では、どんな献立が人気なのでしょうか?
七夕に多く出されている献立は「七夕ちらし寿司」や「冷やし中華」です。

七夕ちらし寿司

七夕ちらし寿司は、星型のオクラを使ったり、人参や干し椎茸、錦糸卵など見た目がカラフルなのが特徴です。
カラフルな色遣いは、しっかりと七夕感を演出してくれます。

冷やし中華

冷やし中華でも星型のオクラが大活躍します。
他にも人参やトマトなど色鮮やかな食材が華やかで、七夕によく使われている献立です。

あとは星型のコロッケや色鮮やかなブロッコリーの炒め物、野菜を星型に切り抜いたスープや味噌汁、すまし汁などが七夕の献立にはよく使われます。

七夕というとやはり「星型」をイメージする子供が多いので、そのイメージに合わせて、野菜や果物を星型にしている保育園が多いですね。

スポンサーリンク

保育園の七夕の給食はいつもと違う?

「特別メニュー」。
この言葉に目を輝かせる子供達ですが、七夕の給食はいつもとは違う工夫がされていることが多いです。

「星」をイメージした野菜や果物を使ったり、色鮮やかになるように工夫したりと、いつもとは違ったひと手間をかけ、演出を意識しています。

保育園の七夕給食には緑、赤、黄、白、黒の5色を使うと色鮮やで見栄えも映えるうえに、栄養面でもバッチリです。

緑はオクラ、ほうれん草、小松菜、ブロッコリー、キュウリ。
赤はトマトやニンジン、赤ピーマン。
黄は卵、コーン。
白はそうめん。
黒はのり、胡麻。

などの食材を使うと良いですね。

また、給食にはこんなメッセージの七夕カードを添えてみてはいかがでしょう。

きょうは、たなばたです。みんなのねがいごとが、かなうように、おねがいしながら、だいじに、たべましょう。

より七夕の雰囲気が盛り上がりますよ。

保育園の七夕給食のメインと副菜におすすめのレシピ

具体的にどのようなレシピで、七夕給食ができるのでしょうか?
主食として人気なのは「カレー」「ちらし寿司」「冷やし中華」「ハンバーグ」です。

カレーはオクラや人参などを星型に切り抜き、カレーの上に乗せるだけでいつもと違ったカレーになります。

ちらし寿司や冷やし中華も、元々が星型であるオクラが使うことが多く、紹介した5色の食材も使えるので、おすすめのレシピですね。

副菜には季節のお野菜を使ったおひたしやサラダ。
子供が好きなチキンやウインナーなどを用意して、たんぱく質も補うと良いでしょう。

おやつには季節を感じられるデザートとしてスイカや、フルーツたくさんの七夕ゼリーも良いですね。
ゼリーは細かく砕いてクラッシュゼリーにすると、光の加減でキラキラと輝きます。

そのキラキラに子供の瞳もキラキラです。
子供達が喜びますよ。

まとめ

子供達が普段から楽しみにしている給食を、少し手間をかけて七夕仕様にする必ず喜ばれます。

星型に切り抜く。
色鮮やかな食材を使う。
これだけで、見た目はもちろん、栄養面でもバッチリの給食が完成です。

スポンサーリンク

-食べ物

Copyright© 子どもーニング【20代30代の女性向け】 , 2020 All Rights Reserved.