赤ちゃんの成長、発育

赤ちゃんの寝かしつけに効く方法。トントンやお話、子守歌、アプリなど

赤ちゃんの寝かしつけ方法。
毎晩どうやって赤ちゃんを寝かしつけていますか?
赤ちゃんがなかなか寝てくれないとパパ、ママも辛いですよね。

眠たくなったら、すんなりと眠ってくれたらどれだけ嬉しいか。
なかなかそううまくもいきませんよね。
ではどんな寝かしつけの方法だと、スムーズに寝てくれるのでしょう?

赤ちゃんが安心して、ぐっすり眠れる寝かしつけの方法をいくつかご紹介しますので、参考にしてください。

スポンサーリンク

赤ちゃんの寝かしつけの定番、トントン

トントンは寝かしつけの中でも最もオーソドックスな方法ですよね。
赤ちゃんのお腹や胸を優しくトントン。
赤ちゃんが安心して、ゆっくりと眠りに落ちてくれるというものです。

上手なトントンのコツ

ゆっくりと
優しく
一定のリズムで行う

これがトントンのコツです。

トントンをする場所

トントンをする場所はお腹や胸が一般的です。
でも手や太ももが、落ち着くという赤ちゃんもいます。
いろいろと試してみてください。

またトントンと相性がいいのが子守歌。
子守歌を歌いながらトントンすることで、安心する赤ちゃんは多いですよ。

トントンをしているうちに、寝かしつけているママが眠くなってしまうことがあります。
眠くなった場合は一緒に寝てしまうのも、赤ちゃんにとっては安心できること。
一緒に眠ってしまっても、いいと思います。

寝かしつけにおすすめのお話ネタは?

寝かしつけの際に、お話をするママは多いです。
ではどんなお話をすれば、赤ちゃんが安心して眠ることができるのでしょうか?

実はお話の内容よりも、ママが優しい声で話すことに意味があります。
優しく語りかけることで、赤ちゃんはで安心して眠ることができるのです。
お話の内容よりも「優しく話すこと」を心がけてみてください。

お話はあなたが作ったオリジナルのものでも、「今日は◯◯が楽しかったね」という具体的な内容でも、絵本の読み聞かせでもよいと思います。

あまり刺激の強い内容のお話は、赤ちゃんも敏感に察知。
余計に眠れなくしてしまうので、優しい気持ちになれるお話を選んでみてくださいね。

寝かしつけに効果的な子守歌

寝かしつけといえば、子守歌をイメージされる方も多いでしょう。
トントンに並ぶ定番ともいえますよね。

でもどんな子守歌が、赤ちゃんの寝かしつけには効果的なのか?
また、歌に自信がないママはどうしたらよいのか?
ということで、簡単で眠りを誘う子守歌をご紹介します。

シューベルトの子守歌

泣く子も眠る子守歌といえば、「シューベルトの子守歌」です。
誰もが知っている「ねむれねむれ母の胸に?」の歌詞は、歌詞そのものも子守歌として最適。
優しいメロディーが自然と眠りを誘ってくれますよね。

他にも「烏なぜなくの烏はやま山に」で有名な「七つの子」。
「ゆりかごのうた」「江戸の子守唄」などが人気の子守歌です。
人気の理由には歌いやすいことがあります。
歌に自信がないママも、ゆっくりとハミングする感じで歌ってみてください。

寝かしつけに使えるアプリ

最近では子供をあやすのにも、寝かしつけにもスマホアプリを活用している方が多いです。

アプリを使って寝かしつけをするなんて、なんだか寝かしつけをサボっているのでは?
そう思われるかもしれませんが、上手にアプリを活用することで、ママの時間確保やストレスの軽減にもなります。
イライラするよりずっと良いですよ。

私の赤ちゃんオルゴール

おすすめのアプリは、「私の赤ちゃんオルゴール」です。
クラッシックや童謡など、赤ちゃんが聞いて落ち着く曲がオルゴールで収録されています。
このアプリを流しながら、トントンや手を握ってあげると、赤ちゃんはすごく安心しますよ。

タイマー設定も可能です。
だから赤ちゃんが寝付いてからも、深い眠りに入るまでは曲を流せます。

まとめ

トントンや子守歌、アプリなどで、案外すんなりと赤ちゃんが眠りについてくれることがあります。
なかなか寝付いてくれないことに、イライラしているママも多いと思いますが、赤ちゃんの寝かしつけにイライラはよくありません。

色々な方法を試して、寝かしつけをしてみてください。
あなたの赤ちゃんにピッタリな方法も、きっとみつかると思いますから。

スポンサーリンク

-赤ちゃんの成長、発育

Copyright© 子どもーニング【20代30代の女性向け】 , 2020 All Rights Reserved.