子どもファッション

子供水着の選び方はサイズがポイント。男の子の場合と女の子の場合

夏になると子供と一緒に、海やプールに行きますよね。
その際必要となるのが、子供用の水着です。

では子供の水着は、どのようにして選べばいいのでしょう?
ということで、子供水着の選び方をサイズ、男の子女の子の性別に分けてご紹介していきます。

スポンサーリンク

子供水着のサイズの選び方

子供の水着のサイズについてです。
水着を長く着せたいから、成長分も考えて大きめの水着を選びたいところですが、子供の水着はピッタリサイズを選びましょう。

普段の服なら大きめサイズでも問題ありませんが、水着は別です。
なぜなら水着は、プールに入る前はきつくても、プールに入ると伸びるものだから。

それに水を含むと重くなりますから、体型以上に大きいな水着は泳ぐのがたいへんですし、大きいと水着と体の間に隙間ができて、脱げてしまう可能性もあります。
なので子供の水着はちょうどよいサイズを選びたいですね。

普段の洋服サイズが100cmなら90cmを選ぶなど、ワンサイズ小さいものを選ぶと、ピッタリとフィットしますよ。
もしピッタリサイズがなかった場合は、子供の身長~プラス5cm程度までにしておくと間違いがないでしょう。

ただし、ブランドによって大きめに作られていたり、小さめに作られていたりします。
その辺りのサイズ規格は、お店の人に確認してくださいね。

子供水着の選び方、男の子の場合

男の子の水着の選び方ですが、

本人が気に入ったデザイン
サイズがピッタリ
機能性が高い

を選ぶといいでしょう。
間違っても大きめサイズは選ばないように。

男の子はパンツタイプの水着を着せることが多いので、大きめサイズにするとかなりの確率で脱げてしまいます。
女の子の水着はワンピースタイプですから、水着が脱げることはほとんどありませんが、男の子の場合は特にサイズ感には注意してくださいね。

どこで買う

通販ショップでは、安く可愛い水着がたくさん売っています。
ただ通販ショップは、直接見て触って着せることができません。
届いてみたら「大きかった」「小さかった」というサイズトラブルが多いです。

水着の購入で失敗したくないなら、実店舗に行き、試着ができるなら試着させてもらうことをおすすめします。

ラッシュガード

海水パンツだけでも、プールであれば十分です。
ただ紫外線が気になるときは、セパレートタイプの水着や、ラッシュガードも一緒に購入しておくといいでしょう。
海に行く場合は、なおさらラッシュガードなどが必要です。

子供水着の選び方、女の子の場合

女の子の水着の選び方ですが、女の子の場合は男の子と違って、ワンピースタイプやセパレートタイプなどがあります。

小さいお子さんなら、ワンピースタイプが可愛いです。
それにパンツとスカートが一体化しているので、着せるのが楽。

セパレートタイプの水着は、上と下が分かれているわけですが、砂やゴミなどが入りやすい欠点があります。
ですから、きちんと歩ける少し大きい子供向き。

ただしオムツが取れていない場合は、オムツ交換がしやすいセパレートタイプがおすすめです。
ワンピースタイプだと上から全て脱がせて、おむつ交換しないといけません。
手間がかかる上に、濡れた水着をまた着せるのは大変ですよ。

サイズ

男の子と同じように大きめサイズを買うのではなく、ピッタリサイズを買うことで、子供の体にフィットします。
ワンピースタイプでもセパレートタイプでも、大きめサイズは水の中で脱げたり、ブカブカで動きにくいです。
購入の際は注意してください。

まとめ

子供水着はデザインで選びがちですが、サイズが大事。
選ぶポイントとしては、やはりジャストサイズを選ぶこと。
子供の成長に合わせて水着を買い替えないといけないわけですが、安全のことも考えると、こと水着に関してはそうした方がいいでしょう。

スポンサーリンク

-子どもファッション

Copyright© 子どもーニング【20代30代の女性向け】 , 2020 All Rights Reserved.