育児疲れ

育児疲れはいつまで続く【いつかは終わる。でもいつなの?】

育児疲れはいつまで続くものなの!?
そう考え始めると止まらない、というママも多いのではないでしょうか?

ご主人の帰宅が遅く、赤ちゃんと2人きりの生活が続いているママは、特にそう。
いつかは終わる・・・でも、いつまでこれが続くのだろう?
考えれば考えるほど、無限ループのように思えてきて、泣けてきます。

可愛い我が子だけど、その分憎たらしくも思えてしまう。
こんな自分はママに向いていないのでは・・・。
そう思えてしまうママは少し休みが必要です。
ではいつまで子育ての疲れは続くのでしょうか?

スポンサーリンク

イヤイヤ期を過ぎた頃から

1歳前後を境に、夜泣きもおさまってきます。
なので、夜中に泣き叫ばれて「母乳が欲しい」「ミルクが欲しい」と泣かれることも減ってきます。
そうなるとママも睡眠時間をゆっくりとることができて、多少は疲れが癒されます。

しかし、それでは根本的な解決にはなっていません。
やはり常に2人きりの生活で「疲れた」「慢性的に疲れている」というママも多いです。
睡眠が確保されただけで充分。
そう思うママもいますが、2人だけの日常は以前として苦しいものです。

それでも、1歳にもなると外へ出歩けるようになります。
ベビーカーに乗せて散歩に行くこともできます。
だから、気分転換に外出することも可能です。

ただ、まだ魔の2歳が待っています。
そのイヤイヤ期である2歳を過ぎれば、かなりママの負担は軽くなります。
まずは1歳。
1年間を目標に頑張ってみましょう。

1年も我慢できない!そんな時は

「1年も我慢できない、もう無理だ」そう思うママは、保育園に相談してみましょう。

自分がノイローゼ気味なのかどうか?
保育園に預けたほうが良いのかどうか?
まだ頑張れるのかどうか?

保育園の先生、園長先生や主任さんはベテランです。
ママの話を真剣に聞いてくれます。
必要であれば保育園に入園させるという手段もあるのです。

実際、育児ノイローゼで手をあげてしまいそうになって、「危険だから」と保育園に預けているママもたくさんいます。
だからといってそのママがママ失格というわけではありません。

保育園に預けることで、一心同体だった我が子と一時的に離れ、客観的に赤ちゃんを見ることができ、自分と赤ちゃんを切り離して考えられるようになります。
すると今までイライラしていたものがスーッと治まり、数か月経つ頃には、我が子が今まで以上に愛おしく思えてくるというケースも多いのです。

保育園は、仕事を持っていて育児ができないママが入れるケースがほとんどですが、ノイローゼ気味のママを入園させるケースも少なくないのです。
その場合、数か月で育児疲れもおさまります。

早ければ半年くらいで治まってくる

もっと早い人ならば、育児疲れは半年程度で解消する人もいます。
夜泣きが最も酷いのは5か月頃だと言われているので、半年もたつと夜泣きもおさまり、赤ちゃんのペースもできてきます。

それに半年経つと、赤ちゃんのペースをママも分かってくるころ。
「ああ、この泣き方はお腹が空いたんだな」「これはおむつ、もしくは構ってほしいんだな」ということが分かってきます。

新ママの場合は、なかなかそうはいきません。
育児疲れが取れないことが多く、半年で終わったというケースは少ないようです。

「実家に里帰りしている」「義実家に里帰りしている」場合は、育児疲れは最初から半分になっています。
だから、「最初から疲れた」と感じることや負担も少ないでしょう。

ただ、昨今では実家や義実家に頼らずに育児しているケースが多いです。
特に「ママとして完璧に」と思っている人ほど育児疲れは続きます。

まとめ

「育児疲れで虐待寸前までいってしまう」「もう手をあげてしまった」という場合は、急遽保健師さんや保育園に相談しに行きましょう。
そのほうがママや赤ちゃんのためです。

たった数か月で預けられるのは可哀想、と周囲に思われるかもしれませんが、それはママと赤ちゃんの身を守るため。
1歳にもなると、赤ちゃんから脱皮して子供へと成長します。
そうなると、ずいぶん楽になりますから。

スポンサーリンク

-育児疲れ

Copyright© 子どもーニング【20代30代の女性向け】 , 2020 All Rights Reserved.